吸引器は手動より電動のほうが良い理由

買って損はない!お役立ちアイテム

今や赤ちゃんの必需品となった鼻水吸引器ですが、我が家ではお母さんが口で吸うタイプを使っています。いろいろ試しましたが、これが1番使いやすく子供の負担も少ないと感じました。鼻水を吸われるのなんて子供にとっては苦痛なこと。でも、これは、本当に簡単に吸うことが出来るのです。我が子は鼻水を上手にかむことが苦手でした。さらに蓄膿症になりやすく、しょっちゅう鼻水が出ていました。
冬場から春にかけてはとくに治ってはまたなって…の繰り返し。中耳炎も心配だし、鼻水には気をつけるようにしていたのです。2歳頃からは吸引器にも慣れ自ら「鼻吸って?」と持って来るくらいでした。結局上手に鼻がかめるようになる5歳くらいまでお世話になりましたね。
また、吸った時にどれぐらい取れたか一目瞭然で分かるのも大事なポイント。「こんなに取れたよ?!」「えっこんなに詰まっていたの?苦しかったね?」なんて結構親子で盛り上がったりするのです。使った後も手軽に洗えて何度でも使えるのがいいですよね。コンパクトに携帯が出来るから、外出先や旅行先、帰省先などの持ち運びにも便利。安くはありませんでしたが、本当に買っていて良かったお役立ちアイテムでした。

鼻水吸引器は電動がおすすめ

赤ちゃんが風邪をひいたときに必要になるのが鼻水吸引器です。病院でも吸引してもらえますが、すぐに病院に行くことができない場合などがあるため、家に鼻水吸引器があるととても便利です。赤ちゃんは自分で鼻水を綺麗にできないので、お母さんが拭いてあげたり取ってあげないといけません。拭くだけでは鼻水をすべて取り除くことができないので、吸引機が必要になります。
鼻水吸引器は、手動タイプと電動タイプがあり、電動吸引器の方が吸引力が強いのでおすすめです。電動鼻水吸引器は、持ち運び可能なものもありますので、外出が多い場合などはそちらにすると便利に使うことができるでしょう。収納場所にも困らずに済みますので、小さ目なものが良いという場合は持ち運び可能な吸引器がおすすめです。ですが、コンパクトサイズなので吸引力が弱いです。
吸引力が強いほうがいい方は、据え置きタイプの鼻水吸引器を選ぶといいでしょう。鼻水をしっかりと取ってあげるので、鼻水が酷い時は大変重宝します。しかし、吸引力が強いので音がうるさく赤ちゃんがびっくりして嫌がることもありますので注意が必要です。鼻水吸引器は大人でも使えるので、鼻水を取るのに困難な病気の方は使うといいでしょう。鼻水はそのままにしておくと、別の病気にも繋がる可能性があるので、しっかりと取ることが大切です。