吸引器は子供が風邪をひいたときのお役立ちアイテム

鼻水吸引器の必要性

赤ちゃんが風邪をひいていると自分では鼻がかめないので、授乳の時に息ができなくて苦しそうにしていたり、夜もなかなか眠れずぐずったりして可哀想ですよね。昔はお母さんが直接赤ちゃんの鼻に口をつけて吸ったりしていましたが、お母さんにも風邪がうつってしまうというリスクもあります。
そんな時に活躍するのが、鼻水吸引器。赤ちゃんグッズを販売しているお店に陳列されており、手軽に購入することができます。電動タイプと口で吸うタイプの2種類あり、口で吸うと言っても赤ちゃんの鼻水が逆流してこないダブルチューブ方式なのでお母さんの口に赤ちゃんの鼻水が入るというリスクを最小限に抑えてくれます。口で吸うタイプであれば千円でおつりがくるぐらい安価なので、手の届きやすい商品だと思います。しかし、口で吸って取るという原理は変わらないため、少なからず風邪がうつってしまうリスクがあります。
そんな時に選択肢に入るのが、電動の鼻水吸引器。価格は五千円から二万円ほどで、ピンからキリまであります。今の時代はIT化が進んでいるので、インターネットで購入することもでき、赤ちゃんを連れてわざわざお店に行って購入するのは大変だということもありません。ただ音が大きく、赤ちゃんがビックリしてしまう物もあるので注意が必要です。

便利な育児グッズ!鼻水吸引器について

赤ちゃんってすぐに鼻をフガフガさせて息が苦しそうになりますよね?そんな時に役に立つのが、鼻水吸引器です。昔の人は赤ちゃんが鼻が詰まった時にはお母さんが自ら赤ちゃんの鼻に口をつけて、鼻水を吸引してあげていたそうです。母の愛はすごいですね。ですが現代ではとても便利な育児グッズが出ていて、それがこの鼻水吸引器になります。
価格は1000円未満といったところでしょうか。使い方も簡単で片方のチューブを赤ちゃんの鼻にあて、もう一つのチューブをお母さんの口にあてておもいっきり鼻水を吸い込みます。とても原始的な器具ですが、これがびっくり!驚くほどの鼻水がとれるんです。赤ちゃんは小さいうちはあまり嫌がりませんが、2歳にもなると全力で嫌がります。ですが耳鼻科に行くまでもないけど鼻が苦しそうといった時には大活躍の便利グッズです。
最近では電動で鼻水をとれる吸引器も発売されていて、価格は1万円近くするので少し値は張りますがやはり口で吸引するタイプよりも手軽にたくさん鼻水がとれるそうなので、一度購入してみても損はしないかもしれませんね。我が家でも冬の時期には毎日のように大活躍している鼻水吸引器です。これがないと風邪をひきやすいわが家の子どもたちは冬がこせないかもしれません。それぐらいに役に立つアイテムです。