どんな時でも出番のある鼻水吸引器

赤ちゃんの鼻風邪には是非鼻水吸引器を

赤ちゃんの鼻風邪は、案外長引くことが多いものです。なぜなら赤ちゃんは、自分で鼻水をかむことができないからです。そこで今日は、自宅でもケアできるオススメ鼻水吸引器についてご紹介していきます。
まず最初にオススメなのが、電動鼻水吸引器です。こちらのタイプは1万円を越えるタイプのものが多いのですが、何より子どもの鼻水を確実にとってあげることができます。毎回鼻風邪になるたび病院に通うとなると、外出の用意や往復の通院時間、待ち時間、鼻水を吸ってもらう処置時間、費用、子どもやママのストレスなど挙げればきりがありません。でも、こちらの電動鼻水吸引器を使えば自宅で簡単にケアすることができます。吸引力も調整できてお手入れも簡単、家族間での風邪予防にもなって安心です。
次に、コスパ重視の方にはチューブ型になっている鼻水吸引器がオススメです。こちらは吸い口も大きく逆流しないタイプなので、ママが鼻水を吸ってしまうという危険性もないため、安心して使えます。またお値段も1000円以内で購入することができます。また、水洗いするときも簡単。チューブを簡単に分解できて、衛生面も安心です。夜に乾かしておけば、朝からまた利用することもできます。使い勝手もよく、何よりお値段が良心的なのが安心です。

オールシーズン大活躍!

第一子誕生前、動けるうちに赤ちゃんグッズを色々と揃えなくてはとネットで調べたら、だいたいのママ達の必需品に鼻水取り機か入っていました。なにせ初めての事なので、何を買わなければいけないのかさっぱり分からず苦労しました。買ったけど使わない、他で代用できる物なども調べ、そちらは買うのを保留にしましたが鼻水吸引器は代用できる物も思い浮かばず。お口で鼻を吸うというオールドスクールな方法がありますが、やってあげられる自信がなかったのと、衛生面が気になりやっぱり買うことにしました。
出産後半年は一度も使うことなく体調を崩さず育ってくれてもしやいらぬ出費だったかな?と思い始めた頃、ちょうど風をひいて熱を出しました。驚くほど鼻水が一日中ズルズルで、大人のように鼻をかむ事が出来ない赤ちゃんはとても苦しそう。買った事すら忘れて1日様子を見ていましたが思い出し、早速鼻水吸引器を使ってみました。私は電動ではないものを買いましたが、気持ちいいほどに鼻水が取れてスッキリしました。
鼻水を溜めっぱなしだと中耳炎になる可能性が高まるようだったのでこまめに吸い取ってあげました。ちょっと気を付けなければと思ったのが、吸い取る時勢いよく吸いすぎると鼓膜が破れる恐れがあるようです。つい、スッキリさせてあげようと力が入ってしまうために力強く吸い込んでしまいがちですが、気を付けなければなりません。その点、電動だと強すぎる事もありません。