吸引器を使って鼻づまりを解消

Recent Contents

どんな時でも出番のある鼻水吸引器

赤ちゃんの鼻風邪には是非鼻水吸引器を 赤ちゃんの鼻風邪は、案外長引くことが多いものです。なぜなら赤ちゃ…

More Detail

吸引器は子供が風邪をひいたときのお役立ちアイテム

鼻水吸引器の必要性 赤ちゃんが風邪をひいていると自分では鼻がかめないので、授乳の時に息ができなくて苦し…

More Detail

吸引器は手動より電動のほうが良い理由

買って損はない!お役立ちアイテム 今や赤ちゃんの必需品となった鼻水吸引器ですが、我が家ではお母さんが口…

More Detail

洋の東西で変わる吸引機の形

海外の鼻水吸引器 海外の赤ちゃんの鼻水吸引機というものももちろんありますが、日本の今の一般的な鼻水吸引…

More Detail

鼻水吸引器の違い

「鼻水吸引器ってなんだよ、そんなものすすっておけばいいのではないか」なんて思っていませんか。ですが、赤ちゃんがいる方はご存知ですよね。そうです、ベビーベッドよりも必要な赤ちゃんグッズともいえるもの、それが、鼻水吸引器なのです。では、昔の鼻水吸引器と今の鼻水吸引器の違いをご存知でしょうか。
今の鼻水吸引器は、日本であれば、大体が、真ん中に空の小さな容器があって、そこから2本の管が左右についているという構造になっています。1つは赤ちゃんの鼻の中へ、そして、もう1つは、お母さんなどの大人の口にいれて、思いっきり吸い込めば、鼻水がその空の容器の中に入っていくというパターンです。
そんなにうまく鼻水は容器の中には入らず、大体、赤ちゃん側の管にとどまっているケースが多いです。では、昔の鼻水吸引器というのはどういったものかというと、同じように管を赤ちゃんの鼻とお母さんの口に入れるのですが、管の数は1本です。ということはどうなるかというと、そうです、お母さんが赤ちゃんの鼻水を飲みこむというようなことがよく起きていたのです。ですので、今の鼻水吸引器はかなり進化しています。

赤ちゃんのためには鼻水吸引器を使おう

まだ自分で鼻をかめない赤ちゃんにとって、鼻水吸引器は必須アイテムです。風邪を引いたり、アレルギーだったりで、赤ちゃんはよく鼻水を出します。鼻をかめないのでいつまでも鼻水が出ていたり、鼻づまりになったり、見ていてこちらがつらくなるほどです。昔の母親は赤ちゃんの鼻に口を当てて、鼻水を吸い出していたそうです。
でも、いくらわが子とは言え、鼻水をすするのは抵抗があります。そんな時に活躍するのが鼻水吸引器です。1000円未満ほどで購入できるチューブで吸い出す簡単なものから、1万円以上する電動で吸引する機械まで、様々な種類があります。まずは簡単なものを購入して、使ってみることをおすすめします。
実は、鼻水を吸われるのは子どもにとっては嫌な感触らしく、赤ちゃんによっては大泣きして抵抗されてしまうこともあります。鼻水を吸い出してあげれば呼吸が楽になるので親としては使ってあげたいのですが、いきなり高額の電動鼻水吸引器を購入してもあまりに子どもが嫌がってしまったら使えないという可能性もあります。
それではもったいないので、スポイトやチューブで、手動で吸い出してあげるだけでも効果は十分です。赤ちゃんは嫌がるかもしれませんが、呼吸を楽にしてあげるため、早く治すためにぜひ使ってみてください。

メルシーポットのメーカー希望小売価格もHPに掲載しております。ぜひご覧くださいませ。 通販サイトでの販売もあるため全国に対応可能となっております。 楽天のクチコミだけでも、8,000件以上あり、多くのママタレントさんからもご愛用されております。 お買い求めいただいたお客様には、透明ロングシリコンノズルの「ボンジュールプラス」をプレゼントしております。 電動鼻水吸引器について詳しくはこちら